RSS

OKIがプリンタLCMサービス開始

OKIが昨日のプレスリリースで発表したところによると、プリンタ・複合機むけのLCM(ライフサイクルマネジメント)サービス「EXaaS」というのをスタートさせたとのことです。導入、利用、維持、管理にかかるトータルコストを削減するということですが、気になる点が。

プリンタ・複合機の消耗品やメンテナンス品を稼動状況に応じて自動配送するので、消耗品などの管理が不要になりますよー、ということなのですが、これは印刷コストの削減というよりも、再生トナーを出来るだけ利用させないようにする狙いが大きいんじゃないかなと。

消耗品自動配送サービスは、プリンタ・複合機の稼働状況監視により消耗品(トナーカートリッジ、イメージドラム)・メンテナンス品(ベルトユニット、給紙ローラー、定着器ユニット)を自動配送。

昨日64日にサービス開始して、2015年度までにプリンタ・複合機累計50,000台が販売目標とのことです。価格は、個別見積もり(消耗品・メンテナンス品および保守を含んだ料金)ということなので、値段次第という感じですね。

OKIプレスリリース↓

http://www.oki.com/jp/press/2012/06/z12020.html

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: