RSS

チップ認識不良について

よくある不良として「プリンタにインクが認識されません。」というものがあります。いわゆる「チップ不認識」というものです。実は純正品でも結構あるようです。

しかしチップ不認識の場合、実は簡単な手順で復活することが多いのです。

(1)ICチップの接触確認

チップがセンサーにうまく当たっていないことがあります。非常に微妙なものなのですが、単に再セットし直したり、ICチップの位置が多少左右にズレいているように見えている場合はちょっと調整してい頂き、プリンタ読込部に当たるようにすると認識されます。

(2)ICチップの汚れ確認

工場出荷段階で検品には力を入れているのですが、稀にICチップに油分やほこりが付着し、汚れている場合があります。

その際は、綿棒でICチップの接触面を拭いて頂き、できればプリンタ側の読込部もついでに綿棒で拭いて頂ければ認識されます。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: