RSS

プリンターインク豆知識2

おはようございます!

インクカートリッジには、エプソンとキヤノンを中心にICチップがついているケースが多いですが、このICチップはプリンタに正しく装着されているかどうかをチェックする機能のほかに、現在何枚プリントしているのか、枚数のチェッカー機能がついています。

つまりカートリッジ内のインクを完全に使い切るのではなく、少々残した状態で「使用済」にする工夫がされています。その理由は完全にインクを使いきってしまうと、プリンタヘッドが空打ちの状態になり傷んでしまうからです。ですので使用済みになっても、振ってみるとまだ内部のインクがチャポチャポと音を立てることがあります。

一方ブラザーはICチップがついていません。その代り物理的な構造(浮きの原理)で、同じように内部のインクを使いきらないような工夫がされています。

空打ち回避のために、いろいろと工夫がされているんですよー。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: