RSS

ブラザー新インクLC217/LC215の詳細を報告します!

ブラザー新インクLC217/LC215の詳細を報告します!


本日ブラザーの新インクLC217/LC215が発売されました!さっそく買ってきましたよ。LC117/LC115の後継です。どれくらい進化したのか楽しみだー!という気持ちで家電量販店にて買ってまいりました。まずは外箱のアゲハチョウが目立ってるう!スワローテイル!カッコいいね。


ブラザー新インクLC217/LC215

まずは外箱の大きさを旧モデルの「LC117/LC115」と比較。同じ寸法です。


ブラザー新インクLC217/LC215

とこで価格は旧モデルの「LC117/115-4PK」が7,350円。新モデルの「LC217/215-4PK」が8,220円。どちらも税込価格です。新モデルは11.8%の値上げになっています。ちょっとお財布には痛い!


ブラザー新インクLC217/LC215

そして箱を開けて気になるカートリッジを見てみると・・・


ブラザー新インクLC217/LC215


ブラザー新インクLC217/LC215

全く同じジャン・・・ガクッ!貼ってあるシールが違うだけ。旧モデル「LC117/LC115」のシールのほうが、色彩を使った面積が大きくて、カラーがひと目でわかる。新モデル「LC217/215」のシールは、黒い部分の面積が大きくて、パッと見たときにカラーが分かりにくい気がするな。

まあ慌てずにジックリと両者の違いを見ていきましょう。実は外箱を良く見ると、とても重要な違いが見て取れるのです。良く見てね。まずは旧モデルの「LC117/115-4PK」。


ブラザー新インクLC217/LC215

続いて新モデルの「LC217/215-4PK」。


ブラザー新インクLC217/LC215

わかりましたよねー。

旧モデル「LC117/115-4PK」は「Ink made in Japan / Cartridge assembled in Philippines

新モデル「LC217/215-4PK」は「Ink made in Japan / Cartridge assembled in China


インクカートリッジの製造工場が、旧モデルはフィリピンだったのが、新モデルでは中国になったようです。広東省に工場があるようですので、そちらで生産しているのだと思います。やっぱり中国の工場の方がフィリピンよりもレベルが高いのかなあ。フィリピンよりも中国の方が距離的に日本に近いことも関係しているのかも知れません。やっぱり物流コスト高いですからね。

そして物流コストでもうひとつ関係あるのかも知れないなと思ったのがコレ!個別のカートリッジを包むビニール袋が、かなり進化してる!


ブラザー新インクLC217/LC215

左が旧モデル「LC117/115-4PK」、右が新モデル「LC217/215-4PK」ですが、箱を開けて中身をひと目見て、おお!スッキリしてるな、という印象があります。ビニール袋の形状が変わったんですね。


ブラザー新インクLC217/LC215

写真ではちょっと分かりにくいかも知れません。どちらもシュリンクパックされているのは同じなんですが、旧モデル「LC117/115-4PK」のビニール袋と比較すると、新モデル「LC217/215-4PK」のほうは筒型の形状をしたビニール袋のため、かなり小さくなっているのです。無駄がない!

旧モデル「LC115M」のビニール袋 新モデル「LC215M」のビニール袋

ブラザー新インクLC217/LC215

そして袋が切りやすい!旧モデルはビニール袋の切れ目が一カ所しかなく、しかも横方向に破るので、ちょっと破るのをしくじって、ハサミの出番(笑)ということもあり得る。


ブラザー新インクLC217/LC215

一方新モデルは、切れ目がイッパイあり、しかも縦方向に切るので失敗がない。実際に自分の手で破って比較してみないと、この切れやすさは伝わらないかも知れませんが、シュルッと力強く切れるのが快感(笑)。


ブラザー新インクLC217/LC215

ちょっと前置きが長くなりましたが、この辺からがいよいよ本題です(笑)。さきほど旧モデルと新モデルの外見が全く同じジャン!と書きましたが、実はよーく見ると細かい部分、いわゆる「ポカよけ」の形状が多少違っています。プラチックケースの細部を見てみましょう。


ブラザー新インクLC217/LC215

前から見るとプラスチックケースは完全に同じ。違いが分かりません。


ブラザー新インクLC217/LC215

しかし後ろから見ると微妙に違いがあります。左が「LC117BK」、右が「LC217BK」。以降の写真もそうです。


ブラザー新インクLC217/LC215

ブラザー新インクLC217/LC215

そしてインク吐出口の部分、中央の「針」に注目。白色のプラスチック素材で出来た針状の部分です。これが新モデルでは長くなっています。


ブラザー新インクLC217/LC215

あと、当然のことですが、ICチップに書かれた信号は違っているはずです。チップ自体の形状は同じですが、打ってあるシリアル番号が違いますね。


ブラザー新インクLC217/LC215

先程の「針」の部分に関係しているのでしょうけど、インク漏れを防ぐためのオレンジ色のケースの形状も微妙に違っています。これは使用する前に取り外すケース。上が新モデル、下が旧モデル。新モデルは針が長い分、緑色レバーの中心部が低くなってます。


ブラザー新インクLC217/LC215

以上はブラックでしたが、カラーインクのカートリッジも同様です。針の長さのほか、インク残量を見る「窓」の部分の形状も多少変わっています。

下が旧モデル「LC115M」。


ブラザー新インクLC217/LC215

こちらが新モデル「LC215M」。


ブラザー新インクLC217/LC215

さてここからが最も大事な部分です。旧モデルから新モデルになって、インク容量はどのように変わったのか!価格は11.8%値上げになってますけどね(笑)。

ということで測ってみました。ビニール袋あり、なしの両方で計測しています。


ブラザー新インクLC217/LC215

計測結果を表にしてみるとこちらです。三段ありますが、大事なのは真ん中の二段目の数字です。


袋あり 旧モデル 新モデル 増減
LC117/LC115 LC217/LC215
ブラック BK 66g 67g 1g 1.5%
シアン C 48g 47g -1g -2.1%
マゼンタ M 48g 47g -1g -2.1%
イエロー Y 48g 47g -1g -2.1%

袋なし LC117/LC115 LC217/LC215 増減
ブラック BK 61g 63g 2g 3.3%
シアン C 44g 13g -1g -2.3%
マゼンタ M 44g 13g -1g -2.3%
イエロー Y 44g 13g -1g -2.3%

袋(計算値) LC117/LC115 LC217/LC215 増減
ブラック BK 5g 4g 1g -20.0%
シアン C 4g 4g 0g 0.0%
マゼンタ M 4g 4g 0g 0.0%
イエロー Y 4g 4g 0g 0.0%


ということで結果を見ると、新旧モデルで比較した場合、ブラックが2g(=2ml)増えている一方で、カラーがそれぞれ1g(=1ml)減っている!


ブラザー新インクLC217/LC215

先日EPSONのIC80LとIC70Lの比較結果をブログでアップしましたが、その結果はカラーが各2g(=2ml)増えた一方で、 ブラックのインク容量は変わらないことを報告しました。EPSONの例と比較すると、今回のBROTHERは、より使用頻度が高いと思われるブラック(顔料)のインク容量が増量されたことは評価できるのではないでしょうか!ファックス受信を含め、文字印刷が主体の方には朗報です!

一方でカラー3色(染料)のほうはインク容量が減っています。つまり写真等のカラー印刷を多くされる方は、前のモデルよりも早くインクが無くなってしまうかも知れません。以前に日記にも書きましたが、この新モデル以降、ブラザーの染料カラーインクは「技ありインク」という、より再現性が高いものに進化しています。インクの品質を向上させた分、インク容量を少なくしなくてはいけなかったのかなあ。

ということで報告を終わります。まとめると、


(1)旧モデルの「LC117/LC115」から新モデル「LC217/LC215に変わりましたが、プラスチックケースは共通で、ほとんど同じモデルである。

(2)しかし「ポカよけ」や「ICチップ」が違うので両者を共通に使用することは出来ない。プリンターにハマらない、仮にハマっても認識しない。

(3)価格は11.8%上がった。インク容量はブラック(顔料)が2ml増えたが、カラー3色(染料)は逆に1ml減った。

(4)カラー3色は「技ありインク」採用で印刷品位向上と伝えられる(自分では印刷比較テストをしていないので未確認ですが)。

(5)製造工場は旧モデルがフィリピンだったのに対し、新モデルは中国。各カートリッジを覆うビニール袋の品質が向上している。


こんな感じでしょうか。さてインクのチップスでも純正インクを販売しています。自分たちの利益を削って、限界まで安く売りますよ!ぜひお買い求めください。純正インクよりもお得な再生インク、互換インクの発売は現在予定が立っておりませんが、可能になり次第アナウンスします!プラスチックケースが旧モデルとそれほど変わらないので、そんなに時間はかからないかも知れません。

ではこれからもお得なインクカートリッジは当店、インクのチップスで!


ブラザー新インクLC217/LC215

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: