RSS

エプソン新インクIC80/IC80Lの詳細を報告します!

エプソン新インクIC80/IC80Lの詳細を報告します!



IC80Lシリーズ互換インクカートリッジ発売中

ついに本日エプソンの新インクIC80とIC80Lが発売になりました!事前にカートリッジの小さな写真は公開されていたのですが、やはり実物をみるとイメージがわきますね。目印は「とうもろこし」です。80も80Lも両方一緒です。名付けて「コーン兄弟」いわゆる「ブラザーコーン」。


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L

さて実際に箱を開けてみてカートリッジを見てみると、昨年までのモデルIC70/IC70Lシリーズと外見上はほとんど変わりません。上からIC70L、IC80、IC80Lです。カートリッジのプラスチックケースは同じですね。


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L

IC70/IC70Lから、IC80/IC80Lに進化して、最も大きく違うのは価格(笑)!インクカートリッジ6色パックの価格をエプソンダイレクトで比べてみると・・

IC6CL80L 6色パック 6,480円(税抜)
IC6CL70L 6色パック 5,229円(税抜)

ということで、1,251円の値上げになっています。1色あたりの価格で見ると、IC70Lが943円だったのに対し、IC80Lでは1,200円ということで、257円の値上がりになります。率で言うと、23.9%の値上げとなっています。

なお家電量販店で買うと下記の通り。今日のレシートです(笑)。こちらは税込み表示なので比較がややこしいですが、IC80LとIC80に関しては、家電量販店よりもネットショップで買う方が安いようです。IC70Lは家電量販の方が安い。


エプソン新インクIC80/IC80L

今年4月に消費税が5%から8%へと3%上がりましたので、それも加えると昨年に比べて約27%コストアップになったことになります。コストのことを考えると、安心して印刷できない状況です。昨年と同じ感覚で年賀状印刷をすると、27%ほど余分に、お財布へのダメージが発生する感じ。

いつも拝見させて頂いている「インクジェットプリンター放浪記」というブログで紹介されているのですが、インクカートリッジがこれだけ値上がりしているのに、エプソンのWEBサイトによると、IC70使用のプリンタと、IC80使用のプリンタでの、1枚当りの印刷コストは、どちらも同じ19.9円になっています。

http://zatu100.guntama.net/ic6cl80l_epson_ink_cost.html

エプソンの最新カタログを見ても、印刷コストは同じ19.9円になっていますね。


エプソン新インクIC80/IC80L
エプソン新インクIC80/IC80L

ということは、IC70L時代のプリンタに比べて、最新のIC80Lのプリンタは、印刷可能枚数が23.9%アップしているはずです。エプソンのインクカートリッジの場合、印刷枚数はICチップでコントロールしています。ですので詳細はチップを解析しないとハッキリしませんが、当然インク容量も23.9%に近い比率で増量されていると考えるのが自然です。

インク容量は正式には発表されていませんが、近似値を知るには重さを計測する方法があります。計測結果は下記の通りです。

まずは未使用状態(ビニール付)で比較。


エプソン新インクIC80/IC80L

つづいて袋を取り外して計測。


エプソン新インクIC80/IC80L

このようにして重さを計測した結果が下記です。


ビニール袋あり IC70L IC80L IC80
ブラック BK 25g 25g 22g
シアン C 25g 26g 21g
マゼンタ M 25g 26g 22g
イエロー Y 24g 26g 22g
ライトシアン LC 27g 28g 21g
ライトマゼンタ LC 27g 28g 21g

ビニール袋なし IC70L IC80L IC80
ブラック BK 23g 23g 20g
シアン C 23g 25g 20g
マゼンタ M 23g 25g 20g
イエロー Y 23g 25g 20g
ライトシアン LC 26g 27g 20g
ライトマゼンタ LC 26g 27g 20g

袋の重さ(計測値) IC70L IC80L IC80
ブラック BK 2g 2g 2g
シアン C 2g 1g 1g
マゼンタ M 2g 1g 2g
イエロー Y 1g 1g 2g
ライトシアン LC 1g 1g 1g
ライトマゼンタ LC 1g 1g 1g

袋なしで比較 IC70L IC80L 増重
ブラック BK 23g 23g 0.0%
シアン C 23g 25g 8.7%
マゼンタ M 23g 25g 8.7%
イエロー Y 23g 25g 8.7%
ライトシアン LC 26g 27g 3.8%
ライトマゼンタ LC 26g 27g 3.8%

ビニールカバー(袋)の重さが1〜2gありますが、念のため掲載しておきます。結果をみると、IC70Lの時代よりもブラック以外は増量になっているのは間違いありません!LC70LとLC80Lの価格差が23.9%ですので、インク容量はほぼ見合うくらい増量になっているのかも知れません。これはあとでまた調べます。

プラスチックケース込みの重さになりますが、LC70LとLC80Lのカートリッジの重さを比較すると、シアン、マゼンタ、イエローが8.7%増、ライトシアン、ライトマゼンタは3.8%増です。しかし、問題なのが・・・ブラックが同じ重さ!!つまりLC70LとLC80Lでインクが増量されたのはカラーだけなのです!!ブラックは増量されてない!!


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L

前述の通り、エプソンのカタログで見ると、LC70LとLC80Lの印刷コストは同じ19.9円になっています。エプソンの印刷枚数計測方法では同じになるんでしょうね。カートリッジが23.9%値上がりしたのと同じ幅で、印刷枚数も増えると。しかし実際の消費者の使用感としては、ブラックが増量になっていないと、やはり印刷枚数が増える実感がないかも知れませんね・・。「あれ?やっぱりブラックがすぐ無くなるよな・・」みたいな。

なお実際のインク容量を知るには、使用前のカートリッジと、使用後のカートリッジの重さを比べるのが有効です。実際には空打ちでヘッドを痛めないように、使用後も多少カートリッジ内にインクが残るように設定されています。使用済カートリッジを振るとチャプチャプ音がします。あと計測してみます。

さて先程IC70LとIC80Lのプラスチックケースは全く同じという話をしましたが、厳密にいうと「ポカよけ」の部分が違います。「ポカよけ」とはカートリッジにある溝のような部分のこと。カートリッジ側の凸と、プリンタ側の凹が噛み合って、はじめてセット出来ます。カラーによっても「ポカよけ」の形は違います。


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L

上記のように「ポカよけ」の形状が違いますので、IC70Lのカートリッジを、IC80/IC80Lのプリンタに使用しようと思ってもセット出来ません。なおIC80とIC80Lの「ポカよけ」は同じ形状です。対応プリンタが一緒ですから当たり前ですが・・。自分でIC70Lの「ポカよけ」を削って、IC80/IC80Lプリンタにセットすれば、入ることは入るでしょう。

ただし物理的にカートリッジが入ったとしても、ICチップが違いますのでプリンタ側が認識しません。ちょっとわかりにくいかも知れませんが、下の写真で、左からIC80L、IC80、IC70です。形状は同じですが、かかれている番号が違いますね。チップ内部に書かれている信号が違うのです。


エプソン新インクIC80/IC80L

いうことで結論を書くと、

 IC70LからIC80Lに変わって、カートリッジのコストが23.9%アップ(値上げ)された。

◆.ラーインクはIC80Lに変わって増量されているが、ブラックは増量されていない。

 IC70Lのポカよけを削り、ICチップをIC80Lのものに付け替えて、もしIC80Lとして使用できれば、コストダウンになるかも。

とはいえ、IC80Lの互換インクカートリッジや、詰め替え再生カートリッジがあれば、そのほうがずっとコストダウンになるとは思います。開発できるものかどうか・・・これはやってみないとわかりません。ただしIC70Lとほとんど同じですので、互換インクの開発はそれほど難しくないかも知れない。ICチップの解析が出来るかどうかがポイントですね。

IC80Lの純正インクは当店でも販売していますよ!いつもの通り、お店の利益を削って安値で出しています!ぜひお買い求めください!


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L


エプソン新インクIC80/IC80L

6色セットのインク型番は「IC6CL80L」および「IC6CL80」です。
そして対応プリンタはこちらの7機種。
EP-707A
EP-807AB
EP-807AW
EP-977A3
EP-777A
EP-807AR
EP-907F

安価なインクカートリッジは「インクのチップス」で!



IC80Lシリーズ互換インクカートリッジ発売中



コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 探究熱心で素晴らしいこ・・・

探究熱心で素晴らしいことです。
ご指摘はごもっともとして、その±1は、正直どうでもいいです。インク価格の値上がりが10円ならともかく、それだけ上がって1gがどうこうというのはね。

 その費用と調べてサイトをやり直す時間にかかるお給料、そういう費用を考えて、そんなことをする時間に他のことをなさってください。
 お気持ちだけで十分です。

 すごく正確なはかりではないので、1gの誤差があります、でいいですよ。本体が22gで、インクはほかのサイトでは7gぐらいと出てますが、その1gが大きいと思いますが、それでもそれがわかったところでインク自体が少なくてすぐなくなるのは事実です。
菊池 | 2015-02-09 13:22 |

■ 通行人様。 コメントあ・・・

通行人様。
コメントありがとうございました!御指摘ごもっともです。本来ならプロ仕様の極小精密秤を使用したいのですが、安価なもので測っているのです・・・。分解能が低すぎて、誤差が出ている可能性高いです。もっと高品質な秤の購買申請を出してみたいと思います!
インクのチップス | 2014-11-20 10:39 |

■ 秤の仕様を確認しました・・・

秤の仕様を確認しましたか?
デジタルで1g単位の表示ですので1g単位で正確に測定してくれるようように思いがちですが、実は分解能が2gだったりします。
つまり21gと表示されたら、分解能が2gの場合それは20から22gの間のどこかの数値を21gと表示。22gと表示されたら、それは21から23gのどこかの数値を22gと表示しているだけなのです。
通行人 | 2014-11-19 11:50 |

■ いいね。毎年この季節に・・・

いいね。毎年この季節に、買換えるべきか?ステイか?悩みますが、インクの詳細情報は助かります。
くす | 2014-09-30 09:07 |
名前:
URL:
コメント: